HOME › セブ

EMSの活動拠点、セブの現実

EMSの活動拠点、セブについて
アジア屈指のリゾートアイランドとして知られるセブ島は、フィリピンの首都マニラに次ぐ第二の経済都市です。日本からは比較的近距離で、英語圏ということもあり、観光客をはじめ、ロングステイヤー、語学留学生、そして現地のホテルや企業に勤める社会人が急増しています。その一方で、この島には日本では考えられないような暮らしをしている貧困層と呼ばれる人たちが大勢います。
フィリピンは、一日1ドル以下で暮らしている、いわゆる貧困層が全人口の30%ほどを占めていると言われています。そして子供の出生率は3.14人(2010年)と高いため、多くの人たちが低所得で大家族と言う状況です。
そのためスクワッターと呼ばれる不法占拠エリアが、市内のあちらこちらにあり、路上には物売りや物乞いをしながら暮らしているストリートチルドレンが大勢います。

cebu

超競争社会
フィリピンの人口は2010年現在で9,400万人。出生率が高いため子供や若い人が多く、人口ピラミッドはきれいな富士山型をしています。
反面、人口に見合った産業が育っていませんので、一流企業への入社はおろか、定職に就ける人はごくわずか。
小学校、高校、大学とトップクラスの成績で卒業し、かつ卒業後も、専門的なスキルを学んでいるような人ではないと良い職に就くことは難しいのです。
つまり選ばれた一握りの層が良い職を得て、その他ほとんどの人はパートタイムであったり短期の契約社員であったりします。
フィリピンでは、大学を卒業しても、ファーストフード店で働けるかどうか、なんです。

cebu

貧困層の暮らし
貧困層と言われる人たちの場合、父親が定職に就いていると言うケースは稀です。大工、職工、港湾労働など不定期にある肉体労働、手に職を持っていれば電気や溶接など技術を生かした仕事を請け負っています。母親は路上で食べ物を販売したり行商をしたり、近隣住民の洗濯や家事を請け負い家計を助けています。
EMSが支援している家族の場合、5~7人家族で月収は6,000円~15,000円ぐらいです。
貧困家庭に生まれたら、その生活から一生抜け出すことはできないとまで言われています。
cebu
学校制度
フィリピンは1-6-6制です。幼稚園が1年、小学校が6年、そして高校が6年。ここまでが義務教育。
初等教育も中等教育も90%近い就学率ですが、小学校の場合ですと約30%、高校で約50%   
の生徒が、途中でドロップアウトをしてしまうそうです。
ドロップアウトする子の多くは、経済的に余裕のない家の子供たちです。
子供を働き手と考え、学校には行かせずモノ売りなどをさせて日銭を稼がせたり、また、通学のための制服や文房具などを買い与えることができずに、学校に行くことができない、と言うケースもあります。

高校卒業後は2年制のカレッジや4年制の大学があります。
経済的に余裕のある家の子供はもちろんですが、アルバイトなどで学費をためて勉強を続ける子、奨学金制度を利用して進学する子も多くいます。
フィリピンの大学年齢の人たちの約30%が就学をしているそうです。この数字はアメリカや日本と変わりがありません。

cebu

楽天的なフィリピン人の性格
経済的にも家庭環境にも恵まれていない貧困層の人たちですが、彼らは本当に明るく、どんなに貧しい生活でもいつも笑顔に溢れています。
それは、フィリピン人の国民性と、彼らならではの幸せの基準があるからです。
多くのフィリピン人は、家族をとても大切にします。家族といっしょに過ごし、たとえ質素な食事でも、毎日いっしょに食べることができれば幸せを感じます。また、催し事をとても大切にするのも彼らの特徴です。日常生活ではイベント事の少ない彼らは、たとえ地域の小さな催しでも、クリスマスのような大きなイベントでも、それらの機会を大切にし、そして一生懸命にその時間を楽しもうとします。

多くのフィリピン人は楽天的で、先のことはあまり考えず、他人と自分を比較せず、いやなことを引きずりません。そして自ら積極的に人生を楽しもうとしています。

cebu

EMSの活動
  • 子供支援
  • 保護者支援
  • 奨学生紹介
CEC海外ボランティア
セブの現状
資料請求・24時間365日資料請求受付中
お問い合せ・各種ご相談・お問い合せ窓口
新着情報
2016年9月17日
ライアンの誕生日
2016年9月11日
着物を着ました・・・Fatima
2016年8月10日
誕生日会・・・Joyjoy
2016年7月30日
火事現場
2016年3月13日
写真家DeDe
2016年2月14日
見習い奨学生
2016年2月11日
KADVO歯科医療の日
2015年12月17日
ストリートで誕生会
2015年10月19日
新聞で紹介されました
2015年10月09日
小さなお母さん
2015年10月07日
おめでとうラネリン
2015年08月02日
日本語教室
2015年04月25日
クルミネーション
2015年03月22日
今日の活動
2015年03月08日
サプナイアクティビティ
2014年12月14日
クリスマス会
2014年08月31日
夏のスタディ・ツアー開催中
2014年08月25日
HISからの参加者のみなさん
2014年08月13日
新しいバッグがきました
2014年08月13日
長期インターンのみなさん
2014年08月1日
強制移動が迫っています
ページの先頭へ戻る